シミそばかすを作らないためには

シミそばかすを作らないためには、徹底的な紫外線対策と保湿が大切です。
シミを予防する美白化粧品も有効でしょう。
紫外線を浴びると、シミやそばかすだけでなく、乾燥、シワなどすべての肌老化を進行させてしまいます。
人間の肌には、もともと保湿成分が存在していますが、紫外線を浴びることで肌表面の角質層がダメージを受け、保湿機能が低下します。
水分を奪われた肌は、ダメージを回復させるために古い角質をどんどん落として新しい細胞を押し上げようとしますが、保湿機能が低下したままターンオーバーしても水分不足は解消しません。
紫外線のダメージを最小限にとどめたり、健康な肌を守るためにも、日ごろからしっかり保湿ケアをおこなうことが大切です。
保湿機能が低下した状態で肌に紫外線を浴びると、シミやそばかすができる原因になります。
肌は、有害な紫外線を肌の奥深くまで侵入させないための防御反応として、メラニンの生成を促進します。
過剰に作られたメラニンが肌に残った状態が、シミです。
季節を問わず、保湿と紫外線対策をしっかりしておくと、シミのできにくい肌を作ることができるでしょう。
美白化粧品を選ぶ時は、保湿効果もあって浸透性が高いものを選ぶことが大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ