ハイドロキノン

年齢を重ねるごとに気になるシミ。
あなたはどのようなケアをしていますか?
私はシミではありませんが、遺伝性のそばかすに長年悩まされてきました。
そのため、ドラッグストアで手に入る~2000円程度のシミ・そばかすに対する商品はほぼ全て試してきましたし、6~8000円近くする化粧品もいくつか試してきました。
しかし、どの化粧品も効いているのか効いていないのか・・・イマイチわかりませんでした。
そんな時、たどり着いたのがハイドロキノンです。

ハイドロキノンはメラニン合成酵素であるチロジナーゼの阻害剤であり、さらにメラニン色素を作るメラノサイトに対して細胞毒性があります。
つまり、しみの原因であるメラニン色素を作らせなくする漂白剤なのです。
漂白剤というだけあって、ハイドロキノンでシミが薄くなったり、シミが無くなったりする方は沢山いらっしゃいます。
しかし、ハイドロキノンクリームの反応が強い方の使用はお勧めできませんので、万人受けするものでは無いという点がハイドロキノンのデメリットになります。

現に私は、成人になった頃から突然敏感肌に変わってしまったせいで、ハイドロキノンが肌に合いませんでした。
肌に付けると赤くなり、肌荒れが起きてしまうため、早い段階から使用を中止してしまったのですが、初めて「効いているかも!」と思えたのはハイドロキノンです。

「ハイドロキノンを付けると、シミやそばかすが一時的に濃くなる場合があり、その後徐々にシミやそばかすが薄くなってくる」という情報を使用前に入手していたのですが、本当でした。
私はハイドロキノンを使用後そばかすが濃くなり、その後薄くなり始めているように感じました。
私の場合は効果を感じた頃に使用を中止してしまった為あまり参考にはなりませんが、敏感肌の私でも効果を感じたので、ハイドロキノンが合う方なら更なる効果を実感できると思います。

お肌の悩みで一番多いのが「シミ」ですね。
シミにはハイドロキノンが有効です。
シミを消すにはこちらが参考になります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ