「紫外線」の記事一覧

生理前に日焼けしやすい傾向

女性は生理前に日焼けしやすい傾向があります。これは黄体ホルモン(プロゲステロン)の作用によるもので、妊娠中やピルを飲んでいるときも同様です。

一種の紫外線散乱剤の働き

パウダーファンデーションは、一種の紫外線散乱剤の働きも持ちます。肌が弱い人は、日焼け止め化粧品を使わずに、パウダーファンデーションだけで紫外線対策をすることもできます。

日焼けは防げると思っている人が多い

日焼け止めを塗って、日焼けを防げたつもりになっていませんか?

かぶれにくい日焼け止め

かぶれにくい日焼け止めは、ノンケミカル表示で選ぶ

正しい日焼け対策

紫外線の特徴を知って正しい日焼け対策を

生活紫外線によるダメージ

シミは、最近浴びた紫外線のせいでできるものではありません。子どものころから毎日少しずつ浴びてきた紫外線の積み重ねが、ある日突然シミとなって現れます。

「UVクリームは肌に負担がかかる」はウソ

SPFの数値が高いと、肌へのダメージが大きいという誤解があるようですが、肌に対する刺激は、15でも50でもあまり変わりません。

日焼け止め効果の目安

UVクリームには、2種類のUV指数によって、日焼け飲め効果の目安が表示されています。SPFとPAです。PAはUV-Aを防ぐ効果を示す指数です。

肌に直接影響する2つの紫外線

スキンケアで忘れないでほしいのが紫外線のケアです。メイクしない日でも、紫外線を避けるために、UVクリームを塗ることだけは欠かさないでください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ